羽柄プレカット

CAM/CAD連動による羽柄プレカット加工では、屋根面や壁面などの下地となる羽柄材(垂木・間柱・まぐさ・根太・筋違 等)

を部品化することによって、工期短縮 や 現場での端材削減 を実現しています。

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

CADシステムによる最適化された木取処理により、積算本数を大幅に減らすことが可能です。

羽柄材木取表

羽柄材加工図

羽柄材加工機

フンデガー「TURBO-DRIVE」 (Junior)

最小加工寸法 20mm x 40mm

最大加工寸法 160mm x 450mm

長さ 1,500mm x 6,000

宮川工機 「MPC-14」「MPC-24」

最小加工寸法 12mm x 27mm

最大加工寸法 150mm x 240mm

長さ 1,000mm x 6,000