プレカットとは?


プレカットの特徴

■ 均一な品質

コンピュータを利用した合理的設計・加工システムにより、品質にばらつきがなく、均質な部材を生産することができます。

■ 高い精度

機械加工により、精度の高い部材を生産します。高精度の継ぎ手・仕口加工は高い耐震性の確保にもつながります。

■ 耐久性

加工した木材は、必要があれば防腐・防蟻処理を行いますので、優れた耐久性を持つことができます。

■ 工期短縮・コストダウン

プレカット住宅は建築現場でノミやノコギリを使わずにすむため、作業が効率良く進みます。建築現場での作業が簡単になり、工期が短縮するのでコストダウンにもつながります。

以前は、建築現場に木材を持ち込み、大工職人が現場で「墨付・刻み」を行って建築していました。

加工設備の進化、建築スピードの向上、現場環境の改善等の背景から、

 ・プレカット:PreCut ( 事前に Pre 加工する Cut )

が導入され加工された部品を建築現場に持ち込むことが一般的となっています。

CAD/CAMによる加工技術の進化により、現在では、

 ・CADソフトを使って設計し部品情報CAMデータ作成(墨付)

・CAMデータを利用し全自動加工機で木材を機械加工(刻み)

して部品化することを「プレカット」と呼んでいます。



測定機による品質検査

ランバー宮崎では、様々な加工形状が配置されたテストピースを毎日加工し、精密な測定ができる3次元測定機2台を使って、全長、加工形状、加工位置等の精度調査を行っています。

固定式測定機

移動式測定機

移動式測定機

構造の安全性の確認

壁量計算・N値計算・部材断面算定 をはじめに、性能評価「構造の安定」に関わる設計や許容応力度計算などを行い、安全性の確認を行うことができます。 またWallstatによる倒壊シュミレーションも行っています。



部材断面の設計

木組みの納まりチェック機能

耐力壁の設計

Wallstatによる倒壊シュミレーション